ボウリングの規格

スポンサーリンク

ボウリングの規格を見てみる

ボウリングのレーン

素材:メイプル(楓)とパイン(松)

ファールラインからスパットまで、ピンデッキ:メイプル
それ以外:パイン

メイプルは非常に堅く、復元力が良い。多少へこんでも一定時間放置しておくと元に戻る。
パインは比較的柔らかい。

※現在は半永久的にレーンが長持ちする、「アーマーレーン」「シンセティックレーン」「アンビレーン」「ミラクルレーン」「プラスティックレーン」などの人工素材を使ったレーンがメインに。

ボウリングのレーンの大きさについては、こちらをご覧下さい。

レーンの長さ、大きさを知る 人間の感覚は曖昧なものです。特...

ボウリングボールの規格

ボウリングのレーンなどの規格に並び、投げるボールにも当然規定があります。

直径:8.5~8.6インチ(約21.6~21.8cm)

円周:26.7~27.0インチ(約67.8~68.5cm)

重さ:16ポンド(約7.3kg)以下

素材:ポリエステルやウレタンなどの非金属性配合の材質

※バランスや慣性モーメントなどについてはここでは割愛します。

ボウリングピンの規格

ピンにも規格があります。普段は遠くから眺めるので実物を見ることは少ないと思います。

高さ:約38.1cm
ピン底から胴の最太部まで:約11.4cm
ピン底から首の最細部まで:約25.4cm

直径:上から
頭部の最太部:約6.5cm
首の最細部:約4.6cm
胴の最太部:約12.1cm、
ピン底:約5.71cm

重さは:3ポンド2オンス~3ポンド10オンス(約1.4~1.6kg)

素材:メイプル(楓)
表面:ウレタン・プラスティック・ナイロンなど

意外に重いんですね。しかも大きい。
ball
ball
20m先だと本物の大きさは分かりにくいですね。
eye
eye

ボウリングのルール

1ゲームは10のフレームからなります。1つのフレームで2回投球することが可能で、10ピンを倒します。ただし、1回目の投球で10ピン全てを倒した場合は、2回目の投球はありません。ただし、第10フレームのみは2投目までに10ピン全てを倒した場合は3回投球することができます。

各フレームの得点は、1投目、2投目で倒したピンの合計数になります。1回目の投球で全てのピンを倒した場合をストライクと言い、その後2回の投球で倒したピンの合計数を加算します。また、2回目で全てのピンを倒した場合をスペアと言い、その次の投球で倒したピンの数を加算します。ただし、第10フレームはストライクとスペアの加算をせず、3投目までで倒したピンの合計数のみをフレームの得点とします。

その後とそのまた後の点数が加算されるからストライク取ると大きいな。
ball
ball
eye
eye
ストライクが続いた場合は、1つのフレームで最大30点ですね。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク