極端:リーグ戦210506~ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

オイルパターンの解析

今月のパターンでは、先日、軽く投げた日に練習をしましたが、いまいち捉えきれず。全般的にオイルが長く薄くなったということは分かったものの、本当にこれだけでボウリングが全然変わってしまうわけです。ある意味、驚くべきこと…驚いてばかりいられません。何とか攻略の糸口を掴まなければなりません。

外も薄くオイルがあるので、内から外に出す場合はしっかり投げきらなければ戻ってきませんし、オイルが削られた箇所は戻りが大きすぎます。なかなか手強いところです。オイルの厚さがないので、それほど幅を広く取れるということはなさそうです。

マシントラブルの影響

練習投球中にマシントラブルでピンが立たなくなり、とりあえず他のレーンで体を慣らしました。まあ、いろいろありますね。こうなると一投目からジャストで投げるのは無理かなというところではありますが、割と一投目は鬼門。分かっていても、一投目は難しいですね。試合が始まるとストライクが出なくなるとかザラですから。それよりは、多少分からなくとも思いっきり投げられればいいかな、というところです。

4フレまでは何とかカバーしながらつないだわけですが、内容がしんどいですね。左ピンのスペアのラインは確認できていなかったので、1フレは仕方ないとして割り切りが必要で、2~4フレはよくつないだという感じがします。

久しぶりの大当たりボールチェンジ

隣のレーンで練習したときは、別のボールで投げたのですが、こちらのほうがいい感じだったので、5フレから思い切ってチェンジ、これが大正解でした。勝つためにはスコア180くらいは必要だったので、ダブルは必要だろうというところが、余裕の200Up。あまりにもボールチェンジが綺麗にはまりました。5フレは完全な裏でしたが、やはり流れをつかむには大きかったはずです。

10フレは完全な見落としです。3-9ピンが残るのはあまりないこともあって、3番ピンタップと勘違い。次のゲームのことを考え始めていて、残りピンの確認をしていませんでした。これはよろしくありません。

レーン移動後が…

ことごとく厚め、しっかり投げられたと思ったら割れるという悪循環に入り込み、先のレーンとは全然違うレーンの状態についていけませんでした。最後まで全く分からなかったというのは久しぶりです。3つ割ってしまったこともそうですが、ストライクが来る気配もない中で勝ち目はないです。

1ゲーム目の貯金は大きかったですね。トータルピンでは勝ちました。試合展開的にはちょっと問題ですね。厚めから抜け出せず、何も答えが出せていない状態。オイルの状態が読めていないので、ボールチェンジもあまり意味がありません。完全に別のラインを投げる勇気が必要だったという気がします。

アベレージは確かに175辺りなのですが、最近のリーグ戦でのスコアは、200前後と160未満というのが大多数。平均値を出すことがあまりないという、当たりかハズレという展開が多くなっています。

我慢か冒険か

ストライクを続けることがスコアメイクにつながりますが、ストライクが来ないときの戦い方が難しいところです。まだ、タップが続くときは辛抱、辛抱で、続くのはありだと思います。きつい展開ですが、これで190台を目指すのも十分です。投げ続ければオイルの状態も変わりますから、10ピンが飛ぶようになる可能性もあります。

ただ、6~8ピンが続くときが問題ですね。スペアもしんどくなりますし、何よりも、ミスなく続けても160~180台ということになってしまいます。そうなると、ラインを変えてポケットを正確に突けるようにしたいところですが…冒険しすぎると割れたりワッシャーになったりと、さらに傷口を広げてしまう恐れもあります。失投なのか、ラインの間違いなのか、しっかりと見極めなければ、スコアには繋がらないですね。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク