ボウリングも継続するのは大変〜ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

ボウリングの時間とお金

週一ボウラーだった1年前、突然のボウリング場の閉鎖からもう一年も経ったのかという感じがします。ただ、実際にボウリング場がそのままであったとしても、果たしてボウリングが続けられたのだろうか…と自問自答することも多かったのです。やはりコロナの影響を受けてボウリング場やリーグ戦も中止に陥ったりいろいろとあったわけですが、それはあくまでも、スポーツであり、趣味です。コロナの影響を仕事で直撃され、その回復が見込めないとすると、時間はあれど、ボウリングの余裕がない…実は、ボウリングに向き合えなかった理由の一番はそこでした。未来がようやく見えてきたところで、ようやく記事に書くことにしました。お金のやりくりを考えるとボウリングをやっている場合じゃない、そういう中でボウリング場の閉鎖だったわけで、とても他のセンターへ向かうという気にはならなかったのが現実です。

平日昼間に投げられる人は稀

ボウリング場のリーグ戦はわりと平日午前から午後の早い時間帯が多いでしょう。その時間帯に投げられる環境だったのは自分がボウリングに取り組むには最適だったのです。よく考えれば、一般的には業務の時間帯ですから、サラリーマンは難しいですし、実際に自分の世代の方はほぼいない。引退した方や個人で事業をされている方がほとんどですね。リーグ戦がなくとも、同じ時間帯で投げに行ってはいましたが、今後はそうは行かなくなりそうです。週末ボウラーとか、深夜ボウラーになるでしょうか。

ようやくボウリングにも向き合える余裕が出てきたところで、まずは週一ボウラーへ戻るところからかなと思います。

とりあえず、復活の乾杯!

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク