リーグ戦201119~ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

リーグ戦開始

少人数ですが、リーグ戦の初戦です。正直な話、戦える状態ではないのですが、きちんと投げられることに期待をして臨みます。ゲームを壊してしまってはどうしようもないですが、先週もある程度投げられてはいるので、その感覚さえ戻れば…という感じです。

外ミスが続く

練習の段階で好調というのはあまり良くない知らせなので、ストライクが一発しかなかったのはそれで良かったのかもしれません。ただ、外ミスが多いのがキツイところ。投げ方が安定しないので、大外からしっかり曲がるようなラインを中心にしましたが、ちょっと間違えるとガターという恐怖。一度ガターに落とすと内に引っ張りがちになるのも気を付けなければならないこと。不安しかない中で練習は終了します。

一投目の不安定に左が取れない悪循環

残りピンが複数だとスペアにも骨が折れます。ただ、それを取っても取るべきを落とすと…特に10フレは失格ですね。ダブルを出して盛り返せるところで7ピン残りも悔しいところですが、しっかり曲がりが出ないときは、左側さえ難しく感じます。10ピンならまだ割り切って臨めるところもあり、7ピンタップを外すのは意外にダメージが大きいようです。

2ゲーム目は途中で息切れ

奇数レーンはラインも読めていたはずなのに、失投で薄く入ってワッシャーに。ここで集中力が切れてしまったようです。ニ投目は単にミスになっていますが、ここでガターとか、なかなかない…3,5,9フレはポケットを突いていただけに、残念な結果でした。カウントも良くないので、ダブルで盛り返さないもいけないところですが、左右差があって、偶数フレームのレーンは本当に読めてなかったのも敗因の一つです。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク