ボウリングでフックボールを投げる

スポンサーリンク

曲がるボールとは

ストレートボールでピンを弾き飛ばしてストライクを取るのも良いですが、ボールの軌道を曲げてストライクを取るのは見た目にも格好よく見えます。うまい人に見えるというか…。

ボウリングでボールの軌道を曲げるのは、右に曲げるか左に曲げるかの2種類です。基本的には、右投げの人の自然な曲がりが左方向へ、左投げの人は右方向へ曲がります。右投げの場合で、左方向へ曲がるのがフックボール、右方向へ曲がるのはバックアップと言われます。

フックボールを投げる

ここでは、ナチュラルフックを話題の中心とします。右投げで自然に投げたときに緩やかに左に曲がる軌道を描きます。ただ、「自然に」というのは人によりますので、自然に投げたらストレートボールだったり、回転してるけど軌道は曲がらないボールだったり、ということは当然のことです。さらに、自分で曲げようと思うと、バックアップの投げ方になったりすることもあります。

ナチュラルフックとは

一般的に「握手」の形で投球すると言われます。リリースの瞬間に握手の形である必要があるのですが、瞬間だけというのは難しいです。なぜなら、重いボールが手から離れるときには支えている指に相当の力がかかります。さらに、支えるだけではなく、リリースの際にはボールを押し出しますので、その分の力も加える必要があります。

そのため、リリースの時点からフォロースルーまではしっかり握手の形を維持することが必要です。そうすることで、リリース時にボールに負けることなく、理想的な形でナチュラルフックのボールを投球することができます。

ナチュラルフックへのチェックポイント

握手の形でボールを持ち続けるのは、意外に力が要ります。実際に指穴に指を入れて、リリースの際の手の形を確認してみましょう。

自然に指を入れてボールをぶらさげると、手首が折れた状態になると思います。これをブロークンリストと言います。握手する形でリリースすると言いましたね。手首を真っ直ぐにして握手の形にしてみましょう。結構きついですね。理想的には握手の形、親指は時計の11時方向を向いて、中指と薬指はボールの下側にある状態です。親指は上側を向いていますので抜けやすく、その際に中指薬指で支えながら押し出すときに、フックの回転がかかります。この、「中指薬指で支える」というリリースの瞬間が重要です。

理想的には、という話ですが、リリース時に握手の形を維持するのは握力を含めた支える腕と手首の力が必要ですし、最初はブロークンリストで入っても曲がりを感じられると思います。一気に無理すると腱鞘炎などにもなりかねず、怪我の危険性もあります。ストレッチなども取り入れると良いでしょう。

ナチュラルフックを習得するために

練習では実際に投球することが多いと思います。ただ、リリースの瞬間は本当に「瞬間」なので、自分で確認することも難しいところがあります。握力などの力も必要なので、リスタイなどの補助器具を使って体得するのも一つの手段です。※リスタイ禁止なのは2020年以降のプロボウラーの試合が対象です。

リスタイも、メカテクターと呼ばれる金属の器具でがっちり手の形を固めるタイプから手首だけを固定するタイプのものまであります。自分の段階、課題に合わせたものを利用するといいと思います。リリースの感覚を掴むのはボウリングの上達の肝でもあるので、積極的に利用するのをお勧めします。

ストレートボールとフックボール

握手をするときに親指の向きは10~11時くらいの方向を向いているはずです。10時くらいの向きになると少し強めのフックになり、逆に11時くらいになると緩いフックになります。また、12時方向に向くと中指薬指も投球ラインに向くので強いストレートボールになります。ストレートとは言え、回転がしっかりかかった上で若干のフックの要素が入りますので、わずかにフックする力強いボールになります。さらに、1時くらいの方向を向くと中指薬指は完全に投球ラインと同じ方向になり、ほぼ曲がらずに真っ直ぐの投球になります。その先になるとバックアップの投法になるのですが、ここでは割愛します。

補足ですが、9時くらいの方向になると進行方向とは全く関係のない回転(スピナーボール)になったり、手首が左右にぶれると駒のように回るだけのボール(UFOボール)になったりします。レーン上でしっかり回転しているのが見えるのに曲がらない、という場合は、上記のスピナーボール、UFOボールの回転になっている可能性が高いです。

回転かけて投げられているのに…という方は、分かる方に聞いてみることで改善は望めます。各ボウリング場にはプロボウラーやインストラクターの方がいると思いますので、スタッフの方をうまく利用してみましょう。

eye
eye
他の人から見ると自分の気付かないところが分かりますね。
専属のプロボウラーやインストラクターと仲良くなると上達早いですね。
ball
ball

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク