練習投球210204~ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

練習しなかったレーンを攻略する

リーグ戦での一つの課題はレーン移動です。1ゲーム目のレーンは練習投球の時間である程度で掴めますが、レーン移動していきなり投げ始めるのですから、当たりはずれはあります。1~2回の投球である程度掴めなければもう10のフレームも終わってしまいます。なので、オイルはほぼ同じと考えて、レーン差を加味して予想するしかありません。今回は奇数フレームは1フレで投げたラインでだいたい良かったのですが、偶数フレームは左右差があったのをうまくつかめなかったのは試合が終わってから分かりました。

なので、偶数フレームのレーンを攻略します。

1ゲーム分を練習としてスコアを

ゲーム中に奇数フレームで投げていたラインをしっかり狙い始めたら、それなりにストライクが。同じところを投げてオイルが変化した結果でしょう。ダブルが2回で本来は200に到達するはずのスコアですが、例によって下一桁が回ってしまったので、もう一回ダブルが必要というところ、9フレで痛恨の8ピンタップ。残された10フレでダブルが必須になったわけですが、何とか乗り越えました。

その後は同じラインでストライクが来なくなり、探しつつ、割れつつでスコアは伸びませんでした。

内からのラインに変更

10ピンの練習を挟んで、今度は内から外に出す気味のラインに挑戦。外は7枚目(立ち位置は9枚目)から5枚目を狙うライン、今度は13枚目(立ち位置15枚目)から10枚目前後を狙うラインへ。最終的には8枚目を狙っていたと思います。

ラインを探る中で、やはり戻りが甘い。かと言って内ミスをするとど真ん中。もう少し外に向かっても良かったのですが、スピードを落とす方向で試しました。スピードは変えたくないのですが、やはり外に出すときにはしっかり出して回転がかかるように若干スピードを落としたほうが効果が出るとか。実際、アドレスの位置を少し下げるだけですが、それだけで曲がりがしっかり出ます。6連続、4連続と出たのでかなり使えそうな感じがしました。ただ、少し内に板目2枚ずれると裏に行ってしまったりするので、自分の場合は体ができてないと無理そうです。

内からと外からとを攻略

以前は異なるレーンを攻略することを目標にしていて、200を超えたらレーンを変えて練習ということをやっていましたが、スコアが出るようになるまでやり続けるよりは、同じレーンでスコアを出し続けるほうが難しいので、そちらへスイッチ。実際に同じラインではストライクが出なくなって、別のラインからの攻略で200Up2回はよくやったほうかなと思います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク