練習投球2105127~ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

課題はポケットを突くこと

2ゲーム目で投げたレーンにそのまま居残り。左右差にも混乱して、ラインは見つけられずでしたので、まずはそこから。で、大体一投目でストライクが来るのはお決まり。ここだったかと。2枚ほど内に入りました。もちろん、本番が終わってリラックスしているのもありますが、本番中にいろいろ探るのは難しい一手。遅めのレーンなので、少し出し過ぎると厚めに行ってしまい、もっと出し過ぎると薄過ぎ、逆にオイルが厚いので内ミスは何とか踏みとどまってストライクになる感じはゲームの時と同じ。どちらか一方でもオイルに助けられるとありがたいです。

4ゲーム目は隣のレーンで内からの投球

試合でも投げましたが、やはり隣のレーンはかなり遅い。そこで、かなりインサイドに入って練習をしていたので、自分も1ゲーム投球してみました。遅いとは言っても、起き上がりが早くないと間に合わないので、ハーフストレートで投球。ハーフストレートというのは、威力のあるストレートに、若干曲げる要素を入れる投げ方。逆に言えば、普通の投球をかなりストレートっぽく投げるわけです。

投球フォームで右往左往していた頃は投げられなかったコースですね。速度も少し落としますが、しっかり曲がって取れるので、ポケットを狙う一つの武器として持っておくのも良いかもしれません。ただ、楽ではないですね。しっかり投げ切らなければ戻って来ませんし、少し外に行けば完全に抜けてしまいます。25枚に立って18枚目を通すとなると、3-6-10を取りに行くコース(22枚から15枚目を通す)に比較的近いです。ストライクを続けるのはなかなか精度が必要です。

先週のハイスコアレーンへ

最後に今日投げなかったレーンへ。先週のリーグ戦でハイスコアを出したので、ハイスコアを出すつもりで乗り込みました。

当然、先週とはレーンの状態も違います。ちょっとミスをするとパッカリ割れることが多く…最近にしてはずいぶん割れたほうです。3ゲームハイスコア、あるいは4ゲームハイスコアを目論むも、ストライク率が落ちて散りました。

アベレージの維持

リーグ戦のない日に投げた結果が思わしくないことはありましたが、今月のアベレージも180を突破し、180の壁を越えつつあるのかなという感じです。ハイゲームに助けられていて、実際のところは170台かなという気はするのですが…。いずれにしても、アベレージ200を目指すのですから、まだまだ通過点ですね。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク