リハビリ的初投げ〜ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

とりあえず初投げ

前回投げたのが12月の上旬、実に1か月も期間が開いてしまいました。しかも、煮え切らないままの状態で、調整して新しい年を迎えようとしていたところ、いろいろと流れて1か月。ようやく邪魔者を切り刻んでボウリングに向かえるようになったという感じさえします。

実際に、ボウリングの投げ方自体も怪しい状態で、しかもかなり体力的にも落ちたであろうところで、ちゃんと投げられるかという疑問を持ちながらの投球になりました。投げること自体は問題なかったのでとりあえずほっと。コロナの後遺症でいろいろと問題が生じている方もいることを考えるとありがたいばかりです。

体力的についてきていない?

センターに足を運べば最低でも3ゲームは当たり前。のはずが、2ゲームで疲れを感じる。3ゲーム投げるのは体力的は問題ないはずですが、あまり気持ちがついてきていないのでやめておきました。何でしょう…ボウリングには力も集中力も使うので、疲れてしまったのか、かなり体力的に落ちてしまっているのか。投球自体は1ゲーム目の終わりあたりから感覚を掴んでいて、2ゲーム目の頭は悪くない運びでしたから、200は行かないといけない展開。ここで7ピン、6ピンとやっているあたりは怪しいです。集中力は欠いてきていました。

珍しく2ゲームで打ち切りも

数ゲーム投げて、納得の行く投球かどうかというのは意外に重要だと思っているのですが、今回は…全体としては納得がいっているようなんですね。ちゃんと投げられたこと、長いゲームを投げられるだけの状態ではないことが分かったというだけなんですが、経過点として今の状態が分かったことが満足だったのでしょうか。課題はもちろんありますが、体力的なところを積み上げないと、大会に参加するのもちょっとどうかなというところで、そのあたりを整備しないといけないですね。

スペアメイクが怪しいのはまだ注視すべき点ではなく、もう少ししっかりポケットを突けるだけの集中力と、5ゲームくらい投げる体力が必要ということです。そういう意味でのリハビリが必要そうです。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク