リーグ戦20190905(Pos)

スポンサーリンク

リーグ戦最終戦

前回までの総当たりで順位が出揃い、最終戦、ポジションマッチとなります。1位vs2位、3位vs4位、…の戦いで、管理人は9位なので10位との戦い。ただ、10位は名前だけで今回参加していないので、ブラインドとの対戦となりました。

普通に投げればブラインドだから余裕で勝利…なんでしょうが、順位が決まる戦い。

eye
eye
ゲーム勝者に1ポイント、2ゲーム合計ピンの勝者に1ポイント、各ゲームAv突破に0.5ポイントで争っています。

なので、自分のアベレージを超えてポイントを稼ぐ必要があります。一つ上の8位との差は3.5ポイント。4ポイントが入れば逆転も視野に入ります。もちろん、8位の方がポイントを0.5でも取れば可能性はなくなってしまうのですが…今回、怪我のためお休みとのこと。確かに先週も少し無理をして投げていたので、休養のため。アベレージを超えればブラインドには勝利しますので、俄然やる気になります。あまり力が入ってもよくありませんが。

1ゲーム目はストライク続くも…

3フレのイージーミスを除けば、ストライクもつながったので、もう少し点数は伸びるかなという感じ。オイルパターンとしては、先月のブロックレーンからクラウンレーンに近いパターンになったので、攻めやすくはなりました。一方、42フィートが40フィートとなった点は気をつけないといけません。いつもよりはフッキングポイントが少し前に来るということを意識してラインを検討する必要があります。

投げ方はしっくりきていない感じがあり、2フレ、8フレはおかしかったですね。2フレもスプリット崩れでしたし、連続ストライクでカバーはできたものの、スプリット2つにノーヘッドはよくありません。隣のレーンのトラブルなどもありましたが、そういう要因があっても集中しないといけません。

2ゲーム目で久々のガター

投球にしっくりきていないときは、外に出しすぎてしまう傾向にあり、外を向きすぎるとガターの危険性もあります。これは薄々感じてはいたのですが、6フレで出現…5フレスペアの後だったので痛かったところです。スペアの後にガターでは、スペアのフレームがオープンフレームになったも同然です。さらに6フレもオープンになってしまったので、実質2連続オープンと同じ結果に。後半は事故にならなければアベレージは越えられるので、守りに入った間はありました。厚めに行くことはあっても、何とかスペアで凌いだという感じがします。ストライクを狙って10ピンタップ、それをミスするのがよろしくないシナリオでもありますので。

ライン取りの見極め

例によって、2ゲーム目の1投目はレーンの状態が全く分からない中での投球になります。先行で投げた方のラインを見る限り、割と遅いかなという感じも受けたのですが、最終的にはオイルが短いことによる影響のようです。

最初は外を真っ直ぐとは思ったのですが、1フレは裏のストライク、2フレもかなり厚く入ったので、3フレからは外に出すコースに切り替え。元々、他のレーンよりは早いと言われるレーンでもあるので、少し出しても戻りがよくないと判断し、しっかり出すラインを選択しました。これが3フレ4フレは良かったんですが…投球が安定しなかった感じがします、ガターが出るということはフォームがどこかずれているわけで。

結果的には順位を一つ上げて終了

無事4ポイントを獲得して、8位で終了となりました。今回はお休みの方もいて、次回のリーグ戦の参加人数も気になるところですが…。いずれにしても、リーグ戦に参加することはモチベーションを高めることにもなり、このリーグに参加する意義は、リーグ戦後の練習投球ができることかもしれませんが…。リーグ戦自体は、初心者のリーグということもあり、お互いを高め合いながら和気藹々とやっています。

センターによって様々なリーグ戦も開催されていることと思いますので、参加されてみるのもいいかと思います。世代を越えたボウリング仲間がいつの間にか広がっていきます。

ボウリングは一人ではなかなか上達しないですね。
ball
ball
eye
eye
いずれにしても、センターのスタッフの方と仲良くなるのが上達の近道になるのではと思います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク