練習投球と暫定200突破

スポンサーリンク

リーグ戦は来週から

第二週なのでリーグ戦は休みです。年末年始と盆休みが絡むと二週間空いてしまうので、何となく間延びしてしまう感じはします。この前、子供と行ったのは練習にはならなかったので、ゲーム数としては10ゲーム分投げました。(スコアは最初2ゲーム分と途中の1ゲームは練習とし、他の7ゲームのみ)

インサートテープの問題か

ポケットのラインは把握できたので、ストライクは出ていました。が、2投目がちょっと問題。前回もしっくり来ない感じはあって、恐らく、インサートテープが微妙に違ってるのかと。自宅でオイル抜きをしてインサートテープも貼り直したので、影響しているかもしれません。ほんの1mmでも違ってくるので、本来は投げて確認しないといけないですね。

スペアミスが投球に影響

ストライクは出ていましたが、スペアが壊滅的…というか、1ゲーム目の5回のオープンも曲者のピン配置なので仕方ない面もありますが、それにしてもです。やはり、スペアミスが一投目に影響として出てしまっての結果です。3ゲーム目の途中まで投げて、ようやく投球フォームがおかしいことに気付きました。試合だったら取り返しがつかない…のですが、割とこれ、やらかしてます。やはり、スペアこそ、集中して望まなければなりません。

オイルの変化についていく

2ゲーム目(実質4ゲーム目)では、オイルが伸び始めている感じでした。なので、少し外に出して伸びたオイルを避けるように…これが最初はうまく行きませんでした。この時は内ミスばかりが続いていたこともあり、そうこうしているうちに、伸びたオイルが削れてきたようで、ボールの軌道は裏へ。なので、

もう一度最初のラインに戻したのが3〜4ゲーム目。何とか200は突破しましたが、実はこれ、1投目(ストライク)がスコアに反映されず、2フレから10フレ1投目までか1フレから9フレ、10フレ2,3投目が10フレ1,2投目となり、最後はストライクで191点。目標を200としてるから壁を感じるんでしょうね。

忍耐すること

その後は少し中のオイルを使うラインに移動したものの、かなり荒らしてしまったようで、安定してポケットを突けず…忍耐のゲームが続きました。ノーミスのゲームを作るのも大変ではありますが、1投目で割らないようにすることも重要です。せっかくストライクを重ねてもオープンフレームを作れば重ねた分を消してしまうことになりますから。

基本は、ノーミスゲームでターキーを出すのを目標にはしています。仮にオープンフレームがあっても取り戻せるくらいの自信を持って投げたいものです。技術の上達に加えてメンタルも強化したいところ。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク