調整投球200213

スポンサーリンク

リーグ戦の間

参加中のリーグ戦は第二週が休み。1週間空くこの間が意外に難しい。モチベーション的なものもあるかもしれないが、やはり、それ以上に投げ方を維持するのは簡単ではないです。調子を整えるという以上に投げ方の問題ですね。できるのなら、週2で投げたいところ。実際には、木曜にリーグ戦があるので、理想的には日月あたり…日程的には一番行きにくい曜日かもしれません。

ポケットに食い込まない

今月のレーンコンディションは苦手なのかもしれません。中のオイルが厚いからなのか、しっかり投げないと抜けてしまう、ということが続きます。前回も割とノーヘッドが多かった気もしますが、これだけノーヘッドになったはかなり久しぶりな気がします。

一応、ポケットへのラインは見えています。しっかり投球できればポケットまで到達しますが、幅の広いラインではないので狙いを外すとストライクはない、という状況でした。しかも、ノーヘッドで前方の2ピン、3ピンが残るだけならカバーも楽ですが、ワッシャーになってしまったり、薄くて割れてしまったりと、たちの悪い残り…スコアが伸びるわけもありません。

10ピンタップがない、の裏側

正直言って、良かったのは本当に何投かだけで、その何投かはしっかりポケットをつけての完璧なストライク。上記の5ゲーム以外の練習投球を含めても10ピンタップが2、3回。これも珍しくはありますが、それだけポケットをつけていないということにもなります。

10ピンタップが続けば、それはそれで別の課題と向き合うわけですが、タップまでも行かず、ノーヘッドが顔を出すのはきついです。

スコアは崩れにくくはなれど

スペアミスさえ減らせば…というところ。投げ方自体がおかしく、最後まで修正しきれなかった感が。3ゲーム目、5ゲーム目のようにスペアでつなげれば、何とかなるスコアまでは行けます。が…来週へ向けてかなりの不安材料が残りました。いろいろ改善点を直し、一発はストライクになっても続かない…何をやってもなす術がなかったという久々の無力感に襲われました。

終えてから分かったことで、サムの表側にマメができていました。試行錯誤しているうちに、かなり手をひねくり回して投げていたんだろうと思います。さすがに、曲がりが感じられなくても、手首の使い方は正しくしなければならないなと改めて思いました。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク