久々のビッグゲーム:練習投球210408~ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

伸びやかなリリースを求めて

リリースは本当に微妙なもので、ほんの僅かなズレが大きく軌道を異にします。ただ、「これだ」という感覚は割と確かなもので、しっかりと投げられれば間違いなくストライク、というのは8割方合っていると思います。リリースが正しいということは投げるラインも間違っていないということで、ポケットヒットして10ピンもなぎ倒している様子が見れます。音も違いますね。ボールを押し出して、フィンガーに乗って送り出す感覚、そのリリースが毎回できればスコアは伸びるでしょうね。自分としては、現時点での理想的なリリースを、伸びやかなリリースと呼んでいます。

久しぶりのビッグゲーム

2ゲーム目に入って、ダブルは出るけどターキー目が出ない流れ。ダブル+9ピンの流れで230台には乗りますが、ターキーまで続けるのがハイスコアへの一歩であることは事実です。結果的に5連続で久々のビッグゲームへ。パンチアウトしていたら事後MAXタイだったわけですが、最後のカウントダウンはもやもやします。

ビッグゲーム打ったのに、3ゲームでアベレージ200をぎりぎり超えた程度という展開もいまいちです…集中力を使い果たした感じでしょうか。最後、パンチアウトしたので良しとしましょう。

ビッグゲームは4年ぶり

240に到達することは数ヶ月に一回は行くのに、250は8連続を出した時以来。確か、ハンデが50以上あったときのリーグ戦で、スコアが300を超えた異常事態。アベレージとMINは右肩上がりですが、MAXはそうは行きませんね。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク