リーグ戦210520~ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

勝てば上位へ

総当たりの最終戦。優勝するのは1位2位の結果次第ですが、勝っておかないといけない一戦です。僅かな逆転の望みにかけて。

ただ、対戦相手が来ないという…先週はお休みなのに間違って来ていましたが。ブラインドスコアは170なので、勝ちは決まりました。ハンデ込みで170を切ることは、よほどの大怪我ですから。ある意味、調整だけど本番という、美味しい形ではあります。

投げたらストライク

練習では投げたらストライクという感じ。試合開始でパタッと止まってしまっても怖いので、スベアングルの確認をしていたところ、非常事態発生。10ピンが取れない。練習の5投くらいと本番での2回、全てガター行きでした。フィンガーの使い方がずれていたのですが、完全にテンパってましたね。それについては、次回の練習投球の話題とします。

レーンを選ぶ

元のレーンで一人で投げるか、他のレーンの投球者と一緒に投げるか、で、一人ではさすがに味っ気ないので…。ただ、元のレーンの感じは悪くなかったのも事実。2ゲーム目に元レーンで投げられるように移動してもらいました。判断としては間違ってなかったと思います。

投げればストライク

レーンを移動して練習に入りましたが、通常のレーン差を加味したら一発でポケットへ。勘も冴えていたと思います。試合が始まっても変な緊張感はないので、リラックスして投げるとストライク。ストライクを狙って力が入るとタップ、という状況。最悪の事態は、10ピンタップですね。よりによって。ストレートの投げ方がおかしかったのもあって、ストライクかオープンフレームという極端なスコア。一投目は10フレ以外はきちんと投げられていたように思います。あれだけ練習で10ピンが取れなかったので、これは仕方ないと割り切りました。最後に割ったのは良くないです。

2ゲーム目も快調

5分くらいではありますが、練習投球をしたのでラインは掴めているところ。結果的には4フレがストライクになっていれば258のハイゲームになっていましたから、いい流れでした。投球は多少違和感を感じていました。1ゲーム目の10フレで割ったのはフォームが崩れたことが大きかったようにも思います。投げ方が怪しいときは薄めに入ったりもするので、そのあたりはだましだましやっていたのですが、それはポケットに吸い込まれていくという感じでした。まあ、打ち過ぎでハンデキャップが減っちゃう…という見方もできますが、それは試合だけのことですので。おそらく、180近くまで上がることになるでしょう。それはそれで勝負に挑めればいいと思います。

次週はPM

隣のレーンでは1位vs2位で、星を分け合い、最終戦で2位にまでは上がる可能性が残りました。次戦はポジションマッチになるので当然1位と2位の戦いになるのですが、今日のように星を分け合っても追いつけないでしょう。前試合での取りこぼしがなければ、という話になるでしょうか。

最終戦も勝って、3位死守、できれば2位を狙いたいところです。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク