荒れたレーンでの戦い:練習投球210715〜ボウリングで200を目指す上達の道~

スポンサーリンク

荒れたレーンでの投球

リーグ戦2ゲーム目で苦戦したレーンでの練習です。ピン前が荒れていることは確かですから、如何に荒れていないところを通すかということになります。集中力との勝負でもあります。同じコースに同じ状態のボールを投げる続けるのは並大抵のことではありません。しかも、同じコースとは言っても、オイルが極端に少ないところであれば、同じコースであってもボールが早く動き出したりするものです。まさにこういう状態なので、自分で投げやすいレーンを作り出さないといけない状態だったのかもしれません。

概して厚めに行く

同じコースに投げたとしても続くのは2投くらい。そして厚めに入ったからと言って内に入っても、少し出すぎてやはり厚めに…という感じ。何を投げても厚め、と言われたその通りな感じは受けました。フッキングポイントのゾーンに持っていくのが大変です。リーグ戦でもそうでしたが、スペアも気を抜くとミスすることが多く、5番が取れないというのは異常事態かなと。

3ゲーム目は大外のラインを調整してストライクにはこぎつけましたが、そもそもほとんどオイルがないところなので、続きません。ストレートボールなどで早めにボールを起こしてポケットを突くくらいの割り切りが必要かもしれません。ここで何とか190近くまで行ったので、とりあえず良しとします。

1ゲーム目のレーンに戻る

圧倒的に楽でした。ある程度しっかり投げられればポケットを突けるので、レーンの変化に対応できるかどうか、というところのように思いました。厚めに入った→起き上がりを遅くして薄めに→起き上がりを前2回の中間にしてポケット、という流れを実現できたのも大きいです。ほぼ3投が同じラインに投げられたと思うので、1ゲーム目の2つ目のターキーはそれが原因です。

2ゲーム目はボールを変えて臨みました。が…オイルに翻弄されて滅茶苦茶でした。思った以上にピン前のオイルが荒れているようで、どちらかというとオイルに反応しやすいボールだったため、動いてしまっている感じはしました。最終的に、このレーンの状態では使わないほうが無難という判断をしました。3ゲーム目は元のボールに戻して何とか200Up。9-10フレのダブルがなければ199というスコアになりかねなかったところで…10フレ一投目は気合が入りました。

スプリットが思った以上に出たわけですが、なかなかメイクするのも難しい4-5-7、5-7のスプリットメイドも久しぶりに出たところからしても、頭も体も冴えていたという印象はあります。

レーン移動して2ゲーム

最後のほうになると集中力の問題もあります。そこそこのスコアにはなっても、200を常に狙えるかというと、そこは課題が山積みです。スプリットと10ピンタップが立ちはだかりますね。それがなければ180~190くらいのスコアが出てもいいわけで、最後は煮え切らなかったですが…練習内容としては実績を積むことができた点がいくつかあったのは収穫だったと思います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク