ナチュラルフックの投法~ボウリングフックボールの第一歩~

スポンサーリンク

フックボールを投げるためには?

練習も含めて、ハウスボールを選択することも間違いではないと思います。マイボールに比べると曲がりは劣るものの、きちんと投げれば曲がるようになります。

ハウスボールvsマイボール

ボール内のコア形状が全然違うので、曲がりはマイボールのほうが断然いいです。それ以上に、指穴が自分にフィットするメリットのほうが大きいです。もう一つは、マイボールの穴を開ける際には、フィンガーチップグリップ(指穴に第一関節のみ入れる)で開けるのが一般的だと思いますが、それが曲がりには大きく影響します。

ナチュラルフックを投げるために

回転を質や方向を決定するのはリリース時です。一番最初にナチュラルフックを習うときには、親指を10時の方向に向けた状態で、自然振り子のままで投球と教わるかと思います。フックボールを投げるというのは思ったよりも単純なことですが、普段使わない力がかかりますので、慣れるまではなかなか大変なことです。

さらに、手の向きより重要なのが手首を真っ直ぐにすること。普通に3本の指を入れてボールを振り子のように振ってみると、大抵は手首が折れた状態で指はボールの上側にあるのではないかと思います。この状態で親指を10時方向に向けて投げたとしても、ほんの少し曲がるくらいでしょうか。もちろん、真っ直ぐにするのが理想的なのですが、急激にやっても手首と腕を痛めてしまいますので、負担をかけすぎないようにチャレンジして下さい。しばらくはリスタイを使うという選択肢もあります。

プロボウラーとインストラクターのいる環境 マイボールを持ち...
eye
eye
くれぐれも手首の怪我には注意して下さい。日常生活にも支障をきたしかねないので。

手の向きを固定するか、リフトターンにするか?

アドレス(構えた状態)の時からリリース時の手の向きにしておき、バックスイング、フォワードスイングを通して手の向きを固定して投げる方法が一番単純な投法です。もう一つは、フォワードスイングに入ってからリリースの瞬間までの間に手の向きをボールの横に回してリリースするという方法(リフト&ターン)です。これは、ご自身でいろいろと試してみて、まずはしっかりとフックボールが投げられるスタイルと確立して下さい。

両者の長所、短所

手の向きを固定しておくと、スイング途中で手首には意識をする必要はありません。逆に動かさないようにしないといけないのですが、バックスイングで背後に行ったときに手首が自然に回ってしまうのには注意しなければなりません。そのままフォワードスイングに入ってもいい軌道にはなりにくいです。

リフトターンでは、リリース前に手を回すというイメージですが、このタイミングを捉えるのが難しいです。遅ければしっかりした横回転にならず、手が回りすぎてしまうと質の良い横回転にはなりません。重いボールを支持しながら手を回す(腕を軸として手のひらの向きを回す)のは、しっかり感覚を掴む必要があります。

アドレス時には、リフトターンの場合はボールが手のひらの上にある状態、手首を固定して投球する場合はボールの横に手のひらがある状態ですので、それぞれ、ボールの軌道に合った位置を確認して下さい。ボールを実際にスイングするラインで振ってみて、アドレスの位置を決めるのが一番正確かと思います。一般的には肩の前と言われます。

管理人の試行錯誤

最初はリフトターンで習った記憶があるのですが、タイミングを掴むのがなかなか難しかったので、手首を固定しての投球でしばらく練習しました。ところが、上述と同様、バックスイングの頂点で手首が回ってしまうことが多く、そのまま投げてもあまり曲がらないという状態が続きました。

もともと、初心者のボウリング教室から入ったのですが、プロボウラーの方とインストラクターの方と知り合いになったことで、練習会などで投げていても(特に初期の頃)アドバイスいただいたのがかなり良かったことです。

バックスイングで手が回りやすいのであれば、リフトターンで投げたほうが安定するとも言われました。また、バックスイング中に手のひらを右に回してバックスイングの頂点へ、そのままフォワードスイングに入るという投球方法も提案され、試行錯誤が続きました。その頃、リスタイを使っての投球を始め、ようやくしっかり曲がるようになったように思います。

最終的にはリスタイを付け、手首を固定しての投球方法に落ち着きました。リスタイがないとめっきり曲がらないというのを覚えています。手首を真っ直ぐに固定するにはまだまだ筋力が不足していたようです。

ただ、リスタイにも問題があり…固定の具合や指の位置や微妙に違うことで曲がりにも影響が出てしまっていたのです。リスタイを付け直したら投球が曲がりがあまり出なくなってしまうこともあり、リスタイのつけ方に原因があると特定するまでは相当な謎でした。確かに緩くつけてしまうと手首が折れてしまうこともありますし、知らずに手首を左右に傾けて固定してしまうと、軌道に影響を与えてしまうのです。いずれリスタイは外すつもりでしたが、これが直接リスタイを外す方向に大きく傾きました。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク